集中力を保つために書斎を改造してみた

集中力を保つために書斎を改造してみた

2018年もあと少しになりました。

最近、勉強中に集中力が途切れることが多いので、

集中力を高められるように書斎を改造することにしました。

現状では、まずパソコンを開いて、メール、ニュース、SNSの確認など、どうでもいいことに時間を使っていました。

集めた書籍や論文の優先順位が後にきていて、集中して学習する時間が短くなっていることに気がつきました。

新しく考えた書斎のレイアウトがこちらです。

f:id:tcooooooool:20181223094904p:plain

ポイントは、書籍とノートを中心に据えている点です。

学習過程でまとめたノートは後で参照できるように、右側のラックに分野ごとにファイルに整理して保存します。

MacBookは後方に移動して、キーボードは書籍を広げるスペースとして使います。

これまでは書籍を見ながらコードを打ち込むために、前かがみになってMacBookにキーボードを使っていましたが、姿勢を良く保つために分割キーボードを利用することにしました。

先ほど、このキーボードをポチりました。久々のお買い物...。

amzn.asia

あと、学習システムの運用はRasberry Pi上でするので、MacBookからssh接続できるようにしておきました。

ノートの上で考えた後に、実証するためにMacBookを開いて打ち込む。

2019年は、そんなスタイルで勉強してみようと思います。

以上、メモでした。

© 2018 t-cool